JP/Install on Windows (3.6.0LTS)

From ADempiere
Revision as of 01:51, 18 January 2014 by Syatsuzuka (Talk)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
This Wiki is read-only for reference purposes to avoid broken links.


動作環境

インストールに必要な環境を以下に示します。

OS Windows XP以上
CPU 2GHz以上
メモリ 1Gバイト以上(2Gバイト以上を推奨)


Java JDKのセットアップ

Java JDKのダウンロード

手順1) ADempiereをインストールするにはJavaの実行環境(JRE)だけではなくJavaの開発環境(JDK)が必要です。 DOSプロンプトから、以下コマンドを実行し、何も表示されない場合はJDKの追加インストールが必要となります。

c:\javac.exe -version


手順2) 以下サイトから対応するJavaのインストーラをダウンロードします。OSが64bit版の場合はx64, 32bit版の場合はx86を選択します。

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

現在の本家ADempiereは、java7に対応していませんが、日本ADempiereの会よりリリースされているものは、java7に対応されています。 本家ADempiere 3.8LTSではJava7対応となる見込みです。


Java JDKのインストール

手順1) ダウンロードファイルをダブルクリックし、インストールを行います。

手順2) JAVA関連を含む環境変数を以下のように設定します。

環境変数 内容 設定値例
JAVA_HOME Java JDKのインストールパスを指定 C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_17
PATH 末尾に以下、実行ファイルのパスを指定  ;%JAVA_HOME%\bin
CLASSPATH JAVAクラスのパスを指定  %JAVA_HOME%\jre\lib;%JAVA_HOME%\lib;%JAVA_HOME%\lib\tools.jar;


データベースのセットアップ

TBD


ADempiereサーバのセットアップ

ADempiereインストーラのダウンロード

手順1)以下から、ADempiereのプログラム本体を入手します。

https://sourceforge.jp/projects/adempiere/releases/

なお、こちらからリリースされているADempiere本体のファイルは、以下の本家から公開されているもののミラーリングとなります。

http://sourceforge.net/projects/adempiere/


ADempiereサーバのインストール

手順1) ADempiereのzipファイルを解凍します。

手順2) ADempiereの初期セットアップ時には、DBとの接続確認を行うため、サービスが起動されていない場合は、事前に起動しておきます。

手順3) 解凍フォルダにある、以下のRUN_setup.batを実行すると、ADempiereの設定プログラムが起動されます。

手順4) 手順3で起動されたADempiereサーバ設定画面において、下記を設定ください。

セットアップウィンドウ


設定項目 内容 設定値例
Javaのホーム Java JDKのインストールパス "C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_45"
Java VM Java VMの種別。"sun"を指定。 "sun"
アデンピエレのホーム ADempiereの本体を置いたディレクトリを指定  "c:\adempiere\<バージョン>"
Keystore Password 任意のパスワードを指定 "password"
アプリケーションサーバ インストールするPCのホスト名を指定。localおよびlocalhostは指定できないため、/etc/hostsに事前にホスト名を設定する必要がある。 "my pc"
Server Type サーバータイプを指定 "jboxx"
JNPポート JNPのポート番号。デフォルトを指定。 "1099"
ウェブポート HTTPのポート番号。デフォルトを指定 80
SSL HTTPSのポート番号。デフォルトを指定 443
アプリケーション・サーバ名 「アプリケーション・サーバ」で設定したときと同じようにホスト名を指定 "my pc"
データベース・サーバ名 「アプリケーション・サーバ」で設定したときと同じようにホスト名を指定 "my pc"
データベース データベース種別を指定 "postgres"
データベース名(SID) データベース名を指定。Oracle XEを利用する場合は"xe"、PostgreSQLを利用する場合は"adempiere" "adempiere"
TNS Oracle DBを利用する場合にのみ指定 Oracle DBに設定するTNS
データベースポート データベースのポート番号。Oracle XEを利用する場合、1521、PostgreSQLを利用する場合、5432 "5432"
システムパスワード DBユーザのログインパスワード。PostgreSQLを利用する場合、postgresユーザのログインパスワード。 <DBユーザのログインパスワード>
データベースユーザ名 データベースのユーザー名。 "adempiere"
データベースパスワード データベースの接続パスワード <データベースの接続パスワード>
メール・サーバ 連携するメールサーバ(SMTP)のホスト名を指定 <SMTPサーバのホスト名>
メール システム関連の情報を連携させるメールアドレス <メールアドレス>
メールユーザ システム関連の情報を連携させるメールユーザのSMTP接続ユーザ <SMTPユーザ>
メールパスワード システム関連の情報を連携させるメールユーザのSMTP接続パスワード <SMTPパスワード>

手順5) ADempiereのライセンス(GPL version2)に同意するかどうかのウィンドウが表示されます。 同意出来る場合は、右下の「はい」をクリックしてください。設定が保存されてビルドが開始され、ビルドが終了したタイミングでインストールウィンドウが閉じられます。 Webポート(80)、SSLポート(443)などが他のアプリケーションで使用されているとエラーメッセージが表示されます。 ポートを使用しているアプリケーションを終了してから、セットアップを実行し直してください。

手順6)以下環境変数を設定します。

環境変数 内容 設定値例
ADEMPIERE_HOME ADempiereのインストールパスを指定 C:\ADempiere\<バージョン>


データのインポート

手順1) インストールフォルダにあるRUN_ImportAdempiere.batを実行すると、ローディング処理が実行されます。


ADempiereの起動

ADempiereサーバの起動

手順1) DBサービスが起動されていない場合は、事前に起動しておきます。

手順2) RUN_Server2.batを実行すると、ADempiereのサーバプロセスを起動します。


ADempiereクライアントからのログイン

手順1) RUN_Adempiere.batを実行します。


Web UIからのログイン

手順1) 以下にアクセスします。

https://<ADempiereサーバのホスト名>/webui/


翻訳ファイルの適用

手順1) 以下手順に則り翻訳ファイルを適用すると、日本語を表示できるようになります。

http://www.adempiere.com/JP/Apply_Translation_Package