Evaluating ADempiere ja

From ADempiere
Jump to: navigation, search
This Wiki is read-only for reference purposes to avoid broken links.

Table of Contents{{#if: | | [[{{{2}}}]] }}{{#if: | | [[{{{3}}}]] }}{{#if: | | [[{{{4}}}]] }}{{#if: | | [[{{{5}}}]] }} | Evaluating ADempiere ja{{#if: Getting Started ja| | Getting Started ja }} ⇒

Under construction.gif This page is incomplete.

Please help adding more relavant content to the page. Create a user account in Adempiere wiki today. You can click on the edit button and start fixing the content.

(Just starting this page. Please add info if you have it. MJMcKay 11:38, 5 July 2010 (UTC))

ADempiereの利用における評価はすべての新規ユーザーにとっての最初の作業でしょう。考慮すべき評価レベルは多数あります。

  • ハードウェアの要求仕様
  • ソフトウェアの要求仕様
  • 人的リソースの要求仕様 - 何人のITスタッフがソフトウェアのサポートで必要とされるのか。
  • すでに存在するシステムとの連携可能性
  • 必要なトレーニング、サポート
  • 目的に対する整合性
    • 含まれる機能
    • 機能拡張性 (機能追加の実現可能性)
    • どの程度、機能追加が必要となるか。
  • 業務プロセスとのマッピング - can current business processes be "mapped" to the application processes or will the business have to adopt new processes to suit the software;
  • サポート、コンサルティングを利用可能か
  • ソフトウェアの成熟度
  • ドキュメントの利用可能性 - 技術向けおよびユーザ向け
  • ソースコードの利用可能性
  • コストとフィー - ADempiere is free but licensing costs may be only a small portion of the overall cost of an ERP implementation;
  • 採用におけるリスク
  • 管理の変更に伴う影響
  • 導入プロセスおよびレガシーシステムおよびデータへの対応
  • 導入に必要な時間

アプリケーションの複雑性のために、このタスクを支援してくれる、ADempiereに熟知したビジネス・マネジメントコンサルタントを探す必要があるでしょう。

もし、一人で作業を進める場合には、次のステップに従ってください。

  • まずはアプリケーションを試してください。Idalica(Login/pass = GardenAdmin/GardenAdmin)にsandbox環境が公開されています。
  • 次にローカルコピーをインストールしてください。もし、Windowsをお持ちであれば、installerを利用可能です。また、VMwareに基づく、ADempiere Virtual Applianceもしくは、download latest releases and resourcesが利用可能です。
  • アプリケーションディクショナリについて学び、ソフトウェアの追加なしで、アプリケーションの変更、カスタマイズを行えることを確認します。
    • コールアウトおよびプロセスとして、いくつかのスクリプトを作成します。
    • Jasper Reportsを用いたカスタムレポートを設定します。
    • ワークフローおよびリクエストについて確認します。
  • ローカルマシーンでの確認で特に問題がないことを確認した上で、Eclipseを用いて開発用環境を設定し、リポジトリから最新のリリースを取得の上、ソースコードを確認します。


その他の情報

[1] [2] [3]