JP/Setup Client (3.6.0LTS)

From ADempiere
Jump to: navigation, search
This Wiki is read-only for reference purposes to avoid broken links.


作業概要

ADempiereでは、一つのインスタンス上で複数の会社での運用を可能とする構成となっており、まずは、ユーザーとなる会社(クライアント)の定義が必要です。 クライアントの作成は以下の手順で実施します。


クライアントの作成

手順1) ログインウィンドウのConnectionタブに以下入力を行い、OKボタンをクリック。


ログインウィンドウ/接続(Connection)タブの入力
項目 設定値
サーバー(Server) (インストールしたコンピュータ)
ユーザー(User ID) System
パスワード(Password) System


※入力項目詳細については、ManPageW_ADempiereLogin_jaを参照。


手順2) ログインウィンドウ/デフォルト(Defaults)タブに下記入力を行い、OKボタンをクリック


ログインウィンドウ(Defaultsタブ)の入力
項目 設定値
役割(Role) System Administrator
会社(Client) System
部課(Organization) *


手順3) メニュー(Menu) > システム管理(System Admin) > クライアントルール(Client Rules) > 初期クライアントセットアップ処理(Initial Setup Process)をクリックし、クライアント情報を入力する。


Initial Setup Processウィンドウ


(サンプル)

http://180.235.230.169/svn/oserp/trunk/doc/20_AnalyzePhase/22_DefineSystemRequirement/OSERP_SetupSheet_Client.xls


※入力項目詳細については、ManPageP_InitialSetupProcessを参照


手順4) 開始(Start)ボタンをクリックする。


Initial Setup Processウィンドウ (実行結果)


手順5) ログアウトする。

補足

本操作を通して、クライアント情報を管理する、AD_CLIENTテーブルに新規レコードが作成されていることを確認できます。


AD_CLIENT